体外受精(顕微授精)の保険適応について

こんにちは、あかふじです♥



私は第一子の不妊治療の時から体外受精をしています。
第一子の時は全て自費だったので、かなりの金額がかかりました💦

しかし、今回(二人目不妊)は途中から保険適応になってくれて金銭的負担はだいぶ少なくなりました✨

ただ、保険適応の体外受精をするために少し制限や条件のお話がお医者様からありました。
その内容をご紹介しておこうと思います❗


【年齢制限】1子ごと

・40歳未満
 →6回まで

・40歳以上43歳未満
 →3回まで


【所得制限】

・なし


【その他】

・夫の受診が最低1回は必要
 (夫の治療への意思表示確認のため)

厚生労働省の決めた内容の治療のみ

・保険適応の治療を始めた周期は
 保険外の治療内容のことはできない


でした😯


そこで、思っていたのと違ったのは回数の数え方でした❗


例えば、3回できる場合


採卵(1個)→移植
採卵(1個)→移植
採卵(1個)→移植


これが3回になるのはおわかりだと思います。



では、このパターンはどうでしょう?


採卵(3コ凍結)→移植、移植、移植


これも3回になってしまうんですって😱😱😱


しかも、採卵して凍結できた卵は全て移植しないと次の採卵ができないそうです😭


お医者様と相談しながら、保険適応治療を効率よく利用できるといいですね。


お読みいただき、ありがとうございました🤗


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村